株式会社ニトムズ

  • ENGLISH
  • 日東電工株式会社
  • オンラインショップ
  • 0570-007-006
文字サイズ
小
中
大

テーピング

HOME > テーピング > テーピング基礎知識

テーピング基礎知識

テーピングとは

特殊基布から構成された粘着テープを用いて、身体(主に関節、筋肉、靭帯、腱など)を保護する技法をいいます。プレイヤーが運動するときに必要な、身体の動きを妨げることなく障害部分を保護します。

スポーツテーピングの目的

①予防のテーピング

ケガを事前に防ぐことを目的とします。

②応急処置のテーピング

練習中や試合中にケガをしてしまったとき、障害部分を固定・圧迫することで腫れや二次的な障害を抑えます。目的はあくまでも出血や腫れをくい止める応急処置であり、素早く医師の診断を仰ぐことが必要です。

③再発防止のテーピング

ケガをした選手が再度同じケガを繰り返さないために行うテーピングです。また、短期間で競技に復帰できるようにリハビリテーションの段階でテーピングを行うこともあります。

テーピングの種類と用途

皮膚の保護 アンダーラップ テーピングの前に肌に巻いて、かぶれなどから皮膚を保護する。手で切ることができる。粘着スプレーを皮膚に吹き付けてから使用すると良い。
固定 非伸縮
(CB・CBC)
一般的にホワイトテープと呼ばれ、スポーツテーピングの中で最も主体となるテーピング。主に関節の固定や可動域の制限に使う基本のテープ。手で切ることができる。
ハード伸縮
(EB)
主に膝・肘・肩など筋肉の収縮、弛緩の大きな部位に使う伸縮性を持つテープ。ハサミで切って使う。
ソフト伸縮
(EBH)
薄くてやわらかいテープ。圧迫や固定のほか、テーピングの仕上げに上から巻いて使うこともできる。手で切ることができる。
サポート キネシオロジー 疲労した筋肉のサポートに使う。筋肉に沿って貼る。筋肉に沿って貼ることにより、筋肉の正常な動きをサポートする。ハサミで切って使う。
バンテージ 多目的に使用できる薄手の伸縮性の包帯です。応急処置で氷のうの固定や障害部分の圧迫などにも使う。ホワイトテープとの併用で固定感を幅広く選択できると共にフィット感が高まります。

テーピングの効果

ケガに対する予防・再発防止ならびにリハビリテ―ションのへルパ―となります。

リハビリテーションの段階でテ―ピングを行い、関節や筋肉の早期回復を補います。

テ―ピングにより可動範囲外の動きが制限でき、不用なケガから免れられます。

テ―ピングにより痛みを和らげられます。

テープが人工靭帯や人工腱の保護にもなります。

“ケガ"に対するプレイヤーの精神的な不安がなくなり、競技に集中できます。

テーピングはあくまでもケガの予防や応急処置などの助けとして使用される方法です。ケガをした際は医療機関等で必要な治療を受けましょう。

テーピングの切り方のコツ

非伸縮性のホワイトテープは手で切って使用します。テープを横に裂いたり押し切ったりする方法で、素早く正確に切るようにしてください。また、伸縮テープやキネシオロジーテープはハサミを使ってカットしましょう。

かんたんテーピングシリーズ

テーピングの保管方法

  • 直射日光の当たる高温で湿度の高い場所を避け、通気性の良い場所を選んで保管します。
  • テープの変形を避けるため、常に垂直に置きます。

注意事項

  • 貼る部位はキレイにし、石鹸などで汗を洗い流してください。
  • かぶれやすい体質の方は、アンダーラップのご使用をお勧めします。テーピングを直接貼る場合はパッチテストをしてください。
  • テーピングをおこなう場所に切り傷やマメ、皮膚のかぶれなどがある場合には、絆創膏やガーゼで覆うなどして保護し症状の悪化を防ぐことをお勧めいたします。

テーピング用語

①アンカーテープ

テーピングの起点(土台)、終点となるテープ

②スターアップテープ

内反・外反の動きを制限するテープ

③ホースシュー

スターアップと足関節が左右にぶれるのを抑える(馬蹄形)

④フィギアエイト

制限力の強いテープで8の字を描くように巻く

⑤Xサポート

X字形に貼り可動域制限をせず靭帯を補強する

⑥スパイラル

らせん状に巻き関節の制限(ねじれ方向)と安定性を増す

⑦ヒールロック

踵を制限し安定させる。背屈・底屈には影響を及ぼさない

このページの先頭へ